独立は度胸がないとできない?

最近知ったのですが、数年前に会社法が変わって、資本金0円でも起業できるようになったそうですね。実際調べてみると、もう8年も前の出来事だそうですが、恥ずかしながら全く興味がなかったのでごく最近知りまして。そこでいくつか思い当たる節が。
ちょうど同じ頃ですかね、IT系ベンチャー企業が乱立していたのは。

そもそもIT系の仕事でプログラマーなんかは確かに独立しやすい仕事だと思います。そうなったらフリーで仕事をするか、何人かで集まってソフトウェア会社を設立するか、のような感じになってくるかと思うのですが、会社法が変わる前は株式会社で1000万円、有限会社でも300万円の最低資本金が必要になりました。そのあたりがネックになって、独立はしてもフリーでやるしかない、というケースが多かったんじゃないかと思うのです。その問題がクリアになったから、ベンチャー企業が乱立してしまうという結果になったのかな、と。ましてやITバブル全盛のご時世でしたから、ホリ○モンのように一攫千金を夢見て会社を立ち上げるというケースが多かったんじゃないでしょうかね。そう考えれば納得のいく話です。

正直今まで、会社ってのはそんな簡単に立ち上げられるものではないと思っていましたので、過去の出来事がこれで理解できました。
そういえばスティーブ・ジョブズも最初はガレージで2人だけのスタートでしたね。それが今や世界的な企業ですから。そりゃあ夢も見ますよ。あとの問題は、独立してからそこまで冒険する勇気があるかどうか、ってことなんですかね。
もしも独立することに心配があるなら、独立後も仕事を継続的に得られるような努力や対策をしておくのがいいと思います。スカウトされたい!フリーエンジニア白書なんかはおすすめですよ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です